医療法人尚成会 近間病院 健康診断・人間ドックのご案内

身体計測   身長、体重や腹囲の測定から肥満の度合いを判断します。
聴力   難聴の有無や程度を調べます。
眼圧   眼球の内圧を測ります。緑内障などで高くなる場合があります。
眼底   眼の病気のほか、動脈硬化・高血圧・糖尿病による変化がないかを調べます。
尿

尿糖
尿蛋白
尿潜血など
  腎臓の障害や尿管・膀胱などに病気がないかを調べます。



腎機能 尿素窒素
クレアチニン
値が高いと腎障害の疑いがあります。
痛風 尿酸 値が高くなると痛風や尿路結石を発症しやすくなります。
血液一般 白血球
赤血球
ヘモグロビンなど
感染症や炎症性疾患、貧血、白血病、および多血症などの異常がないかを調べます。
肝・胆道機能 総蛋白 肝機能障害があると値が低くなります。 これらの検査は、肝・胆道機能だけでなく、様々な病気でも変化します。
そのため、他の病気の発見にもつながります。
アルブミン
TTT 肝臓の繊維化(慢性肝炎など)で値が高くなります。
ZTT
GOT(AST) 肝機能障害があると値が高くなります。
GPT(ALT)
LDH 肝臓・心臓・筋肉の病気などで高くなります。
ALP 胆汁の流れが悪いと高くなります。
コリンエステラーゼ 肝機能障害では値が低くなり、脂肪肝では値が高くなります。
γ-GTP 特にアルコール性肝障害があると値が高くなります。
総ビリルビン 黄疸があると値が高くなります。
肝炎 HBs抗原・抗体 B型肝炎・C型肝炎ウィルスに感染しているかどうかを調べます。
HCV抗体
膵機能 アミラーゼ 膵臓の異常などを調べます。
脂質代謝 総コレステロール 食べ過ぎ・飲みすぎなどの生活習慣や、遺伝などにより値が高くなります。動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。
中性脂肪
LDLコレステロール
(悪玉)
高値だと動脈硬化性疾患をおこす危険性が高くなります。
※閉経後は高値を示す場合があります。
HDLコレステロール
(善玉)
動脈硬化を予防する働きがあります。肥満や喫煙によって減少してしまいます。



血糖 空腹時血糖 糖尿病の検査です。食事の影響を強く受けるので、空腹時に検査します。
HbA1c 過去1〜2ヶ月の平均的な血糖値を反映する検査です。糖尿病が疑われる時に有効な検査です。
血清    CRP 体の炎症反応をみる検査です。
RF 膠原病(リウマチなど)の検査です
TPHA 梅毒に感染しているかどうかがわかります。
RPR
PSA 前立腺がんの腫瘍マーカーで、血液を採って調べます。


血圧   血圧が高い状態が続くと、動脈硬化を起こしやすくなり  脳卒中や心筋梗塞を引き起こしやすくなります。
心電図   心臓の電気的な動きをみて、不整脈など心臓に異常がないかを調べます。


胸部X線   胸のレントゲン写真から、肺や心臓とその周辺に異常がないかを調べます。
肺機能   肺活量などを測定することにより、肺気腫などの異常がないかを調べます。
胃部X線(胃透視)  食道、胃、十二指腸の異常がないかを調べる検査です。

胃透視・・・バリウムを使ってX線写真を撮る検査。胃の全体像を見ることができる。
胃カメラ・・・内視鏡カメラを挿入して診る検査。直接胃粘膜を見ることができる。
上部消化管内視鏡(胃カメラ) 


腹部超音波
甲状腺超音波
  腹部内臓(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓など)や甲状腺に異常がないかを調べます。
頚動脈超音波   脳梗塞・心筋梗塞などの危険度を判断する検査です。

便潜血反応   陽性(+)の場合、大腸がんやポリープなどを疑います。


乳がん検査 超音波検査
(エコー)
しこりの位置や境界などがわかります。
乳房X線撮影
(マンモグラフィー)
乳がんの種類、進行度がわかります。
子宮がん検査 子宮頚部細胞診 子宮頚部の異型細胞やがん細胞の有無を調べます。